TEL: 0475-47-2829
〒297-0029 千葉県茂原市高師884
文字サイズ
白内障 多焦点眼内レンズ
白内障 多焦点眼内レンズ

厚労省認可の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、2020年4月より「選定療養」という枠組みで行えるようになりました。
全額自費治療だったものが単焦点眼内レンズと同様に、手術自体は保険適応となり、多焦点眼内レンズを選ぶことで増える追加費用についてのみ差額として自費負担することで手術を受けられるようになりました。

詳しくはこちら

多焦点レンズと単焦点レンズについて

MultifocalLens SingleFocusLens

白内障手術に使用する眼内レンズには、「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」があり、焦点が合う範囲がそれぞれ異なります。

単焦点の場合、術後ピントの合う位置は1ヶ所となります。例えば「遠方」に焦点を合わせた場合、「近方」はぼやけてしまうため、近用の老眼鏡が必要となります。「近方」にピントを合わせたら遠くを見るための眼鏡が必要となります。

多焦点レンズは、「遠近や遠中」の2焦点や「遠方・中間・近方」の3焦点にピントを合わせることができるので、術後に眼鏡の使用頻度を減らせ、生活上のわずらわしさを解消することができます。

ですが、多焦点レンズはメリットだけではなく、見え方において事前に理解しておくべき注意点もあります。手術説明などを通じて、多焦点レンズの特徴を理解していただき、皆様が満足のいく手術によって視機能を取り戻せるように取り組んでおります。

※乱視矯正用多焦点レンズもありますが、全ての乱視に対応しているものではありません。
※白内障以外の眼の病気など目の状態によって、多焦点レンズを適応できない場合があります。

見え方の違い

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズ(遠方に合わせた場合手元は老眼鏡が必要)

遠方に合わせた場合
手元は老眼鏡が必要

単焦点眼内レンズ(近方(手元)に合わせた場合遠方を見る際はメガネが必要)

近方(手元)に合わせた場合
遠方を見る際はメガネが必要

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ(2焦点(遠方)の場合)

2焦点(遠・近)の場合

多焦点眼内レンズ(3焦点(遠・中・近)の場合)

3焦点(遠・中・近)の場合

術後に裸眼で見える範囲が広くなるためメガネの使用頻度が少なくなる、もしくは使わずに済むようになります。

屋外での比較

単焦点レンズ(遠方に焦点)

単焦点レンズ(遠方に焦点)

多焦点レンズ(遠・中・近方の3点に焦点)

多焦点レンズ(遠・中・近方の3点に焦点)

多焦点レンズに適した方、適さない方

多焦点レンズは、白内障手術を受けられる方全てに適したレンズではありません。手術前の検査の結果、白内障以外の眼の病気の有無、術後の見え方に鮮明さを求める方など、多焦点レンズが適さないケースがあります。しかし、多焦点レンズの短所を軽減したレンズも最近は登場しています。

適した方 適さない方
  • 目に白内障以外の病気がない方
  • 眼鏡の依存度をできるだけ減らしたい方
  • 夜間の運転頻度が少ない方
  • 目に白内障以外の病気がある方
  • 夜間の運転を職業とする方や、色の濃淡の判別が必要な職業・趣味をお持ちの方
  • 鮮明な画質でものを見ることを重視される方(医師、歯科医師、カメラマンなど)
  • 白内障による視力低下がない方
  • 瞳孔径が小さい方、円錐角膜や不正乱視など特殊な乱視のある方
  • LASIK(レーシック)など屈折矯正手術を受けたことがある方
  • 神経質・完璧主義といった性格の方

多焦点眼内レンズには数多くの種類があり、ライフスタイルや術後に見たい距離を参考にして選択します。

多焦点レンズについて知っておいていただきたいこと

多焦点眼内レンズは、メガネなしで見える範囲が広がり、とても有用ですが、単焦点眼内レンズに比べて見え方でのデメリットがあります。

  1. 夜間のハロー・グレア

    ハローは光のまわりに輪がかかったように、グレアは光が花火のように見える現象です。手術後、時間が経過するに伴い慣れて気にならなくなる方がほとんどですが、どうしても気になってしまう方もいらっしゃいます。
    気になるかどうかは、個人差があるため、残念ながら手術前に予測することができません。

    夜間のハロー・グレア
  2. 見え方になれるまで時間がかかることがあります

    多焦点レンズは複雑な構造をしているため、新しい見え方になれるまで時間がかかる事があります。そのため、術後の視力回復が単焦点レンズにくらべてゆっくりであることがあります。

    見え方になれるまで時間がかかることがあります
  3. 追加治療が必要なことがあります

    手術前の検査で目の状態を様々な機器で測定し、それぞれの眼に合ったレンズ度数を決定しますが、時にずれが生じてしまう事があります。ずれが大きく見え方にご満足いただけない場合は、多焦点レンズの入れ替えや、単焦点レンズへの交換、他施設でのタッチアップと呼ばれるレーザー追加矯正手術が必要となる事があり、その際には追加費用がかかります。

多焦点眼内レンズの種類

当院では、AMOジャパン社の「シンフォニー」「テクニスマルチフォーカル」、日本アルコン社の「レストア」「アクリソフ アクティブフォーカス」、国内初認証の3焦点眼内レンズ「パンオプティクス」を用いています。
※「シンフォニー」と「アクリソフ アクティブフォーカス」、「パンオプティクス」は、乱視矯正のレンズにも対応。

多焦点レンズの概要

  シンフォニー・アクティブフォーカス
(2焦点)
レストア・テクニスマルチフォーカル
(2焦点)
パンオプティクス
(3焦点)
遠方 見やすい 見やすい 見やすい
中間距離 見やすい やや見づらい 見やすい
近方 やや見づらい 見やすい 見やすい
乱視矯正 可能
(乱視矯正モデルを使用)
レストア ○
テクニスマルチフォーカル ×
可能
ハロー
グレア
軽い でる 軽い

※シンフォニー・アクティブフォーカスとレストア・テクニスマルチフォーカルは、全く同じ性能を持った眼内レンズではありませんが、似た特徴を有しています。

白内障 日帰り手術詳細・費用についてはこちら