TEL: 0475-47-2829
〒297-0029 千葉県茂原市高師884
文字サイズ
皮膚科 日帰り手術
皮膚科 日帰り手術

日帰り手術・治療について

Day surgery

当院では様々な日帰り手術や治療を行っています。ご不明な点や、心配事などございましたら、医師・スタッフにお気軽にお尋ねください。

<保険手術の申込みから終了までの流れ>

初回来院時

  1. 診察

    月曜・火曜・木曜の午前一般診察枠にご来院ください。
    ※ご予約は必要ありません。
    ※他院からの紹介状をお持ちの方はご予約可能です。お電話にてご相談ください。

  2. 手術のご予約

    専門医が病状の確認をし、手術が適切となった場合には、専任スタッフが説明、ご予約をお取りいたします。
    迷われる場合には、後日再度診察にいらしてください。
    手術日は水曜午前、または金曜午前となります。

    手術の予約

手術当日

手術日はお時間を守っていらしてください。
前の方が終わり次第、診察室にお呼びします。

手術当日

その後の経過観察

  1. 手術の翌日、傷の診察のためご来院ください。
  2. 術後10日目、抜糸のためにご来院ください。
  3. 術後1ヶ月後、病理結果の説明と傷の経過診察のためご来院ください。
    問題なければ通院終了です。

当院で施術を行う代表的な疾患

Representative diseases

ほくろ

医学的には色素性母斑(しきそせいぼはん)といいます。表皮ないし真皮内に母斑細胞というほくろの細胞とメラニン顆粒が増殖する良性の腫瘍です。形は平らなものから隆起したものまで様々です。
また加齢と伴に大きさや色調に変化が見られることがあります。

ほくろの状態を確認するため、ダーモスコープという器具を使い、悪性かどうかも確認します。

ほくろ

治療方法

保険診療による手術

大きさと場所によって決まります。
手術自体の料金(3割負担の場合)5,000円~10,000円前後。

  1. 局所麻酔:局所注射で切除する部分に麻酔を行います
  2. 切除、摘出:ほくろの組織を切除し、摘出します
  3. 縫合:傷を寄せて縫い合わせます

自費診療によるCO2(炭酸ガス)レーザー治療

CO2レーザー治療はこちら

Q&A

どれくらい通えばいいですか?

保険診療による手術の場合

  • 手術翌日(止血されているか、血腫ができていないか等確認いたします。)
  • 約一週間後(抜糸のため受診していただきます)
  • 約一ヶ月後(傷の経過観察と、病理組織結果の説明のため)

この3回は最低でも受診が必要です。
その他傷の経過によっては追加の通院が必要になることがございます。

痛みはありますか?

局所麻酔をしてから治療を行いますので、治療中は、全く痛みはありません。
ただ、麻酔薬を注入する際に痛みはあります。極細の針を用い、痛みを最小限に抑えるよう努力はいたします。痛みに弱い方はお気軽にお申し出ください。

治療後に注意することはありますか?

当日は、患部を濡らすことができません。また傷を清潔に保つことが大切です。

ほくろの治療は保険適応ですか?

悪性腫瘍の可能性を否定できない場合や、その他何らかの機能的問題がある場合に保険適応となります。

  • 洗顔時に引っかかる
  • ひげ剃りの時に引っかかり出血することがある
  • 目の近くにあり視界の邪魔になる 等
関連リンク
日本皮膚科学会:メラノーマ(ほくろのがん)について 

粉瘤

表皮膿腫、アテロームとも言います。
皮膚の表面から奧側に袋を作ってしまい、中に垢や皮脂が溜まったできものです。いつの間にか出来て、少しずつ大きくなります。全身、どこにでも起こり得ます。

大きくなると粉瘤が割れ、内容物が皮膚の奥で漏れ出し、異物反応を起こして突然赤くなって腫れ、痛みが出ることがあります。
こうなってはじめて粉瘤に気がつく人もいます。

ほくろ

治療方法

保険診療による手術

粉瘤が化膿していない時ないし、わずかな化膿のみの場合は粉瘤の袋ごと取り出し、根治的な治療をします。

●切開法

切開線を設けて腫瘍を摘出し、縫合します。

●くり抜き法

粉瘤に小さな穴をあけ、そこから粉瘤の内容物(垢、皮脂、膿)を除去し、さらに粉瘤の壁(これが残存すると再発します)も抜き取ることを目標とした治療です。
傷が小さく済みますので、可能な限りこの治療を検討しますが、状態によっては適応とならず切開法を選ぶこともございます。

●切開術

炎症が強い場合には、まず切開し、膿を出します。その後軟膏治療が必要になることがあります。

いずれも、局所麻酔(局所注射で切除する部分に麻酔)を行います。

関連リンク
日本皮膚科学会:アテローム(粉瘤)について